まとめ

マンション経営というものがどんなものなのかということですが、資産的な面ではやはり今後も需要のある商品だといえるでしょうね。もし都心近くでマンションを購入する機会があれば、買うのも手かもしれません。もちろんその時に掛かる費用はあくまで未来への投資としておくとしても、都心であればその後跳ね返ってくる利益的なものを総合しても、十分プラスになるといえるでしょう。ですが、都心の土地が空いているということは中々ない、だからといって郊外や地方でマンション経営をしようとなれば、相当のリスクを背負うことになります。

当然ながら首都圏などの郊外ではまだ見込みはあるかもしれないが、地方でマンション経営をするとなれば石橋を叩いて渡るようなあぶなかっさしさがあります。人は人の多いところに集まりやすい傾向にあるので、いくらマンション経営をしたかったから、地方の格安マンションを購入した、などといっても集客力が見込めるはずありません。入居者がいたとしても満室になるのはかなり低い可能性といわざるを得ないでしょう。満室になったとしても、億単位で買った、または相続で受け継いだというのであっても、地方の場合では部屋を満室にするのは至難の業でしょうね。

これは当然の条件なので触れませんでしたが、ただマンションを建てたからといっても立地面や入居面で入居者に何かしらの利点となることがないと部屋が埋まらないのも事実です。賃料が高い、入居条件が少し厳しすぎるから嫌だ、なんていうことで契約までこぎつけないなんてこともよくあることです。そうなるとオーナー側が行なわなければいけないことは賃料の値下げや、あるいは入居条件のラインを低くするといった努力が必要になってきます。こういう努力はよほどの好条件を満たしているところでなければ、ほとんどが実施しているオーナーからすればの妥協点、というところです。そうなると毎月入ってくるはずの収入も減る可能性だって出てきます。それだけならまだいいかもしれませんが、賃料の値下げを実施した場合は先に住んでいる人と、後から値下げされている家賃で生活する人との格差、ということも問題として浮上してきます。

部屋を埋めるために何とかして見つけても、住み始めた住人が家賃のことを漏らせば、すぐに納得がいかないという人が出てきてもおかしくないでしょう。多少の値下げならまだしも、10000円台の値下げを実施してしまうと、法廷沙汰になりかねないのでオーナーと住民側にも溝が出てきてしまいます。

ちょっとネガティブな話をすると、都心での不動産投資というのは、個人的には若干怖いです。利回りは低いわ、地震・放射能リスクはあるわで。

物件を探そう
中古一戸建て 大阪 高槻市をお探しではありませんか? 中古はもちろん新築の情報まで多種多様な不動産をお取り扱いしておりますので、もし気になる案件がありましたらスタッフまでお尋ね下さい。
駅から徒歩5分圏内にある自宅ほど、物件価値が驚くほど高くなります。 弊社がご案内する西船橋 駅近 マンションは地理だけでなく、設備も充実しております。 住宅情報はお気軽にお問い合わせ下さい!

条件に関しても、ペット不可ということを前提にしていたにも関わらず、突然新しい入居者を対象にした条件でペットとの生活を可能にするといったことを、オーナーが独断で決めるということも火種としては十分なくらい危険性を放っています。横柄な人でなければ基本的にはマンション管理士を挟んでの民主主義が実行されるでしょうが、納得できずに出て行く人が生じても仕方ないとして受け入れるしかありません。単純に空きがないマンションにすることで、今は人気があると勝手に思い込んでしまっていてはその内取り返しの付かないことが引き起こされかねないですね。

隣人同士のトラブルも大変なことですが、オーナーと住民同士のトラブルというのもかなり面倒なことになりそうで、この場合も相当の労力を惜しむことにならないためにも、やはり住民との信頼関係が大事になってきます。

知らない街での不動産探しでお困りではありませんか?私たち日立 アパートにお任せください!賃貸物件から分譲物件、たくさんの不動産情報をご紹介できます 。

経営という面では先のことを考えれば大きな資産となりますが、ワンルームマンション経営という一部屋のみの運用の場合はそれこそ緩やかな経営状況となります。利益を上げるという面ではかなりの時間を要することになれど、管理という面では断然一棟全てを管理しなくてはならない普通のマンション経営者とは苦労もまるで違うのは、よくお分かりいただいたでしょう。ワンルームマンションを経営することを考えている人は、それこそマンション経営者よりもっと先のことまで見通すような視野を持つことで、その後の自分にどんな+要素が生まれるのか、ということを把握しなければいけません。

という感じになりましたが、ここまでマンション経営を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?単純な話、資産としての価値が高い分、その資産をどのようにして利用するかでその後が異なってくるということを理解して、経営者としてのフットワークの軽さで運営していく、普通の会社を経営していくこととは少し異なりますが、本質的には変わりないということです。今後マンション経営を考えている人たちには時代に適応できる柔軟性が求められていくのではないでしょうか。自分の理想とするマンションを作りたい、こんなマンションならsずっと住み続けたい、といった理想を持った人もいるかもしれませんが、利用者のニーズに合わせた住宅作りをしてこそ、マンション経営は軌道に乗っていくことでしょう。但し、マンションの経営をしていく上で自分の意見はほとんど通らないとしても、この部分だけは絶対に譲ることができないという信念も必要でしょう。部屋を大事に扱うという当然のことを条件にしても構わないでしょうが、やはり1つ芯の通ったものがなければ経営者としては失格といわざるを得ない。何事も受け入れやすいことも大事かもしれないが、曲げられないところは曲げないことこそ、マンション経営を軌道に乗せる近道かもしれません。

色々な面を含んでいるマンション経営ですが、興味ある方は是非始めてみてください。